医療でアロマを使う

くしで整える

メディカルアロマとは医療現場や介護現場で利用されるの精油の香りや成分を利用した代替医療のことです。 メディカルアロマは自然治癒力を高めたり、症状を緩和したりすることで治療に貢献します。家庭でのセルフケアとして花粉症や風邪、不眠などに活用することもでき大変重宝します。メディカルアロマを利用した化粧水や乳液などの化粧品やアロマ軟膏を自作することもできます。また、ホテルやリゾートなどのリラクゼーションサロンでもメディカルアロマを利用することができ贅沢なひとときを過ごすことができます。 看護師や薬剤師など医療現場従事者、獣医師や福祉施設従業者のキャリアアップやスキルアップとしてメディカルアロマは活用できます。

メディカルアロマはホスピスなどの医療機関やホテルやリゾート施設のサロンなどさまざまな場所で利用できます。また、使用される精油は薬局や通信販売、バラエティショップなどで気軽に購入することができます。 メディカルアロマの資格を取得するには、日本メディカルアロマテラピー協会認定講座を修了し、認定試験を受験する必要があります。 メディカルアロマテラピストストアアドバイザーの受講料は70200万円受験料は21600円、1級の受講料は70200円試験料は16200円、2級の受講料は45360円試験料は10800円です。このほかにペット向けの講師養成通信講座ペットセルフケアセラピストがあり、受講料は21600円です。

Copyright © 2015 ネイリストやフラワーアレンジメントなどの教室を知る. All Rights Reserved.